診療内容,MEDICAL TREATMENT CONTENTS診療内容

  • 更年期障害

    今まで体をコントロールしていた女性ホルモンが年齢と共に減少することで、体と心に様々な変化をもたらします。

    詳細

  • 生理痛・生理不順

    女性が日々の生活の中で感じる不快な症状。実は女性ホルモンの薬でコントロールできる病気が多いのです。

    詳細

  • ピル処方

    当院では安心して服用して頂けるように、一人ひとりのライフスタイルに合わせたピル処方を行っております。

    詳細

診療内容一覧

生理痛

明らかな病変がなくても生理痛が非常に強い場合があります。機能的月経困難症とよばれる状態です。生理とは妊娠に至らなかった子宮内膜が剥脱する現象です。生理の時には、子宮内膜から、プロスタグランジンという痛みを感じる物質が放出されます。その量や感受性によって痛みの感じ方もひとそれぞれあります。それもホルモン製剤でコントロール可能です。

生理不順

排卵が規則正しく起こらないことが原因です。つまり、排卵を起こさせるホルモンが規則正しく分泌されないことが原因です。妊娠を希望されるかどうかで方針が変わってきます。
妊娠を希望されるなら、排卵誘発剤による治療が必要になります。
今すぐの妊娠を希望されないならカウフマン療法や低用量ピルによる生理周期の調整が必要になるでしょう。また漢方薬でゆっくりと調整していくことも選択肢となります。

月経前症候群(PMS)

生理前に始まり、生理とともによくなり、毎周期あらわれる症状。その症状がなんであれ、PMSと考えることが可能です。精神的に変化があったり、腹痛があったりさまざまです。黄体ホルモンの分泌を抑えることによって、症状を緩和することができます。

更年期障害

いままであなたの体をコントロールしていた女性ホルモン(エストロゲン)が急激に減少することによって、からだとこころにさまざまな変化をもたらします。社会的な変化、からだそのものの変化があいまって、不快な症状として感じられるのが更年期障害です。
治療として漢方薬、プラセンタ注射も有効です。また、女性ホルモンの急激な減少が主な原因ですので、女性ホルモンを補充するホルモン補充療法が有効です。

プラセンタ療法・コスメ

プラセンタとは胎盤のことです。その胎盤から抽出された有効成分を注射、内服などで治療に用いる療法のことです。有効成分としてアミノ酸、酵素、細胞増殖因子などが幅広く含まれています。
プラセンタ療法は単一の器官を標的とするものではなく、全体的な機能低下を補うと考えられています。つまり自分自身の自然治癒力をサポートしてくれるものなのです。
更年期に、美肌、アンチエイジングに効果を発揮してくれる療法です。

緊急避妊、アフターピル処方

避妊なしの性行為や、コンドームが破れたり外れたりした時など、アフターピルを服用すれば望まない妊娠を避けることができます。当院では副作用が少なく妊娠阻止率も高いノルレボを中心に処方しております。

おりものの異常 性感染症

「おりものが気になる」「かゆみがある」など多くのかたが経験される症状です。さほど心配する必要のないものから、症状はあまりなくても、クラミジアや淋菌のように将来の骨盤腹膜炎や不妊症の原因となる菌の感染がみつかる場合もあります。
いつもとおりものの感じが違うな、と感じたら検査を受けるようにしてください。

子宮筋腫 子宮内膜症 卵巣腫瘍

子宮、卵巣に発生する代表的な疾患です。過多月経や生理痛の原因となります。生理の量が増えてきたり、生理痛がひどいなどの症状がある場合にみつかることがあります。
また、症状がなくても健診などで指摘されることも多くなってきました。
治療方法は、症状の有無、位置、大きさ、妊娠の希望の有無、悪性疾患の可能性、そしてあなたのライフスタイルによって変わります。一番最適な治療法をいっしょに考えていきましょう。

子宮頸がん予防ワクチン

この10年ほどの間に20~30代の若い女性に子宮頸がんが急増しています。子宮頸がんの発生はヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因になります。HPVは100種類以上の型がありますが、その中に子宮頸がんを引き起こす高リスク型とイボの原因となる低リスク型のウイルスがあります。これらの感染を防ぐワクチンを接種することによって子宮頸がんになる可能性を約70%ほど下げることができます。 接種は初回、1~2か月後、6か月後の3回です。接種後副反応の有無を観察する必要がありますので、30分間クリニック内で休んでいただきます。
なおこのワクチンは接種時点で感染しているウイルスを排除することはできません。

妊婦健診

当院は夜間、休日の緊急の対応ができません。ですので、当院で妊婦健診を受けていただける方は、分娩する病院が確定しており、夜間、休日の対応をその病院でしていただける方に限ります。現時点で淀川キリスト教病院・愛仁会 千船病院・愛染橋病院と提携しておりますので、その3病院で分娩予定の方は妊婦健診をお受けすることが可能です。
また、他の分娩予定先の病院にて同様の確認が取れた場合も妊婦健診をお受けすることが可能です。

妊娠の初期に一度分娩予定病院を受診していただき、分娩予約をお取りいただきます。
当院での健診は妊娠32週までとさせていただきます。
また遠方への里帰り分娩予定の方もお受けできません。
ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

日帰り手術

人工妊娠中絶術、バルリン腺のう胞切開術など、日帰り手術を行っています。

婦人科ドック ブライダルチェック

婦人科検診は病気の早期発見にとても重要な役割をはたします。婦人科疾患は症状がなくても潜んでいる場合があり、検診によって早期発見、早期治療が可能になります。
現在症状のない方が対象になります。問診中に問題が発見された場合は保険診療に切り替わる場合がありますので、保険証をご持参ください。

アロマ心理カウンセリング

アロマ心理カウンセリングとは、アロマとカウンセリングを併用して心の悩み、もやもやをすっきりさせ、気分を楽にさせるセラピーです。

アロマ心理カウンセリングは、特に更年期障害の治療として有効であると考えています。更年期障害は女性ホルモンの低下によって起こります。当院では、それに対する薬物治療を積極的に行ってまいりました。
更年期障害は身体的な変化とともに、その時期に起きる社会的、心理的な変化も重なって、問題が複雑になっていきます。薬物治療だけでは、社会的、心理的な問題の解決にはなかなか至らないのが現状でした。
そこで、このアロマ心理カウンセリングを導入することによって、身体的な面のみならず、社会的、心理的な面の両面からサポートできるようになりました。

もちろん、その効果は更年期の女性だけにとどまりません。すべての女性を対象に行っております。職場や家庭のストレスや人間関係の悩みにお困りのかたは、ぜひご相談ください。
産婦人科だからこそできる薬物治療とカウンセリングの組み合わせで、自分本来の笑顔をとりもどしましょう!

アロマ心理カウンセリングは完全予約制になっております。
毎週火曜日 13時45分~14時30分
お問い合わせ、ご予約は 06-4708-8686 まで。

診療時間

 
午前 10:00~13:00 - -
午後 15:00~19:00 - -

休診日:土日祝

06-4708-8686

アクセス

住所:大阪市中央区本町2丁目3-9 JPS本町ビル8F

アクセス:堺筋本町駅 徒歩1分 / 御堂筋本町駅 徒歩5分

※車いす、ベビーカーでお越しの患者様はビル前に到着されましたら、お手数ですがお電話にてご連絡ください。