更年期障害更年期障害

女性が日々の生活の中で感じる不快な症状。
その大半に女性ホルモンが直接的、または間接的に影響しています。
つまり、女性ホルモンの薬によってコントロールできる病気、症状が多いということです。

私、更年期かしら?

更年期とは、性成熟期と老年期の間、閉経前後の10年間をさします。つまり更年期は女性全員が通過する10年間なのです。例えば、45歳で閉経を迎える運命の方は40歳から更年期がはじまることになります。

その10年間は、社会的にも身体的にもいろいろな変化が起こりやすい時期です。まだまだ子育てに忙しい方もおられるでしょうし、逆に子供さんが独立し親元から離れたり、仕事での立場がよりストレスフルになったりされているかも知れません。また、ご両親の介護が始まる方もおられると思います。
そのような社会的な変化と前後して卵巣機能が次第に低下していきます。いままであなたの体をコントロールしていた女性ホルモン(エストロゲン)が急激に減少することによって、からだとこころにさまざまな変化をもたらします。社会的な変化、からだそのものの変化があいまって、不快な症状として感じられるのが更年期障害です。

更年期って、どんな症状?

閉経前から月経不順、のぼせ、ほてり、発汗などの症状がみられるようになります。
その後は下図のように、年齢とともにいろいろな症状が出現してきます。
はっきりした症状でなく、なんか調子悪いというように感じられることもあります。

更年期障害のおもな症状と更年期以降にみられる疾患

専門的には、以下のようなさまざまな症状が閉経前後から順に出現してきます

  • ①自律神経失調症状
    血管運動神経症状 : のぼせ 発汗 寒気 冷え 動悸
    胸部症状 : 胸痛 息苦しさ
    全身的症状 : 疲労感 頭痛 肩こり めまい
  • ②精神的症状
    情緒不安定 : イライラ 怒りっぽい
    抑うつ気分 : 涙もろくなる 意欲低下 不安感 不眠
  • ③その他の症状
    運動器症状 : 腰痛 関節、筋肉痛 手のこわばり むくみ しびれ
    消化器症状 : 食欲不振 腹痛 便秘 下痢
    皮膚粘膜症状 : 乾燥感 湿疹 かゆみ
    泌尿生殖器症状 : 排尿障害 頻尿 性交障害 外陰部違和感

更年期障害の治療法は?

まずはゆっくりとお話しをおうかがいします。カウンセリングはとても大切です。「これからの人生をどう過ごしていきたいか」という希望によっても方針が変わっていきます。

治療は症状に応じてさまざまなものがあります。まずは生活習慣の改善、バランスの良い食生活や、ウォーキングやストレッチなどの適度な運動も効果的です。さらには、個別の症状に対する対処療法、漢方療法、プラセンタ療法、ホルモン補充療法などが症状改善の助けになります。おひとりおひとりの個性を考慮しながら、適切な組み合わせを考えていきます。

  • 対処療法

    不眠には睡眠薬、不安感には抗不安薬など、一つ一つの症状に応じて対応していきます。

  • 漢方療法

    漢方薬は一剤で多彩な症状に対応可能です。ただ、すべての方に、すぐに劇的に効果があるわけではありません。徐々に調子が良くなっていく、というような形で効果があらわれてきます。代表的な漢方薬に、桂枝茯苓丸、加味逍遥散、当帰芍薬散などがあります。

  • プラセンタ療法

    プラセンタとは胎盤のことです。ヒトの胎盤は種々の生理活性物質を含んでいます。それが自然治癒力を強化し、全身の器官の機能低下を補うと考えられています。医療用の注射薬として更年期障害に保険適応があります。また、プラセンタは美容やアンチエイジング効果も期待できます。現在では美肌やアンチエイジングのために、サプリメントや美容液、石鹸など種々の製品として販売されています。

  • ホルモン補充療法

    更年期障害はエストロゲンの減少が主な原因ですので、減少したエストロゲンを補うことが一番理にかなった方法です。
    投与方法、薬剤の適切な選択によって、おひとりおひとりに合った、最適な処方を選ぶことができます。また、そのような工夫によって心配な副作用を軽減することが可能です。
    ホルモン補充療法は、骨粗しょう症の予防効果も認められています。つまり今起きている問題を解決するとともに、将来起きる可能性のある病気の予防にもなるのです。
    また、ホルモン補充療法は皮膚の老化を予防し容貌を若く維持することも可能です。閉経による皮膚のコラーゲンの減少を食い止めることができます。

    ホルモン補充療法はどなたでも受けていただけるわけではありません。乳がん、子宮体がん、血栓症などをお持ちの方は受けられません。そのために、事前に詳細な問診や、血圧測定、子宮頚部、体部細胞診、超音波検査、採血などを行います。これらは、病気の早期発見にもつながる非常に有用な検査です。 また、ホルモン補充療法を続けていく中でも、定期的な検査が必要です。

気になる副作用は?

短期的には不正出血、乳房の張り、吐き気、かぶれ(貼り薬の場合)などがあります。これらの症状は治療を継続する間に軽快、消失することがほとんどです。
ただしホルモン補充療法は基本的に長期間行うことが多い治療法です。長期的な視点で見れば、がんや血管病変の発生の可能性を考慮する必要があります。

今まで、年だから仕方がない、がまんしなければ、と思っていませんでしたか? 適切な治療を行うことによって快適な日常が戻ってきます。
現代の女性は更年期以降の人生が非常に長くなってきています。その人生を充実して過ごすためにも、ぜひ一度ご相談にいらしてください。

診療時間

 
午前 10:00~13:00 - -
午後 15:00~19:00 - -

休診日:土日祝

06-4708-8686

アクセス

住所:大阪市中央区本町2丁目3-9 JPS本町ビル8F

アクセス:堺筋本町駅 徒歩1分 / 御堂筋本町駅 徒歩5分

※車いす、ベビーカーでお越しの患者様はビル前に到着されましたら、お手数ですがお電話にてご連絡ください。