生理痛・生理不順生理痛・生理不順

女性が日々の生活の中で感じる不快な症状。
その大半に女性ホルモンが直接的、または間接的に影響しています。
つまり、女性ホルモンの薬によってコントロールできる病気、症状が多いということです。

生理痛、痛いけどがまんしてる

子宮内膜症

生理痛を起こす代表的な疾患です。
女性の7-10%が罹患しているといわれます。年々進行していくことが特徴です。
進行していくと生理の時期以外の痛みを感じたり、性交時や排便時の痛みの原因にもなります。
また不妊症の原因となることもあります。

治療法

  • ①鎮痛剤
    軽度の場合はこの方法でもかまいませんが、病気の根本を治療しているわけではありません。つまり進行を止めることはできません。
  • ②低用量ピル
    排卵を止めることによって、子宮内膜の成長を抑えます。痛みが軽くなるとともに、生理の量が減る方も多い薬です。病巣を完全になくすことは難しいと考えられています。
  • ③ディナゲスト
    卵巣からの女性ホルモン分泌を抑えます。ホルモン分泌はゼロにはなりませんが、基本的には生理はなくなります(不正出血が起きることがあります)。病巣を縮小させる効果も期待できます。
  • ④GnRHa
    卵巣からの女性ホルモン分泌を止める薬です。更年期様症状、骨量の減少などの副作用の可能性があり半年の使用に限ります。注射剤と点鼻薬があります。
  • ⑤手術
    大きな病変のある場合、薬物治療でも改善しない場合、妊娠の妨げになる場合や、悪性の心配がある場合に考えます。この場合手術可能な病院を紹介させていただきます。

いずれも妊娠の希望の有無によって選択が変わってきます。
一番適切で、ベストな方法を一緒に考えていきましょう。

子宮内膜症が存在しない場合

明らかな病変がなくても生理痛が非常に強いことがあります。生理とは妊娠に至らなかった子宮内膜が剥脱する現象です。生理の時には、子宮内膜から、プロスタグランジンという痛みを感じる物質が放出されます。その量や感受性によって痛みの感じ方もひとそれぞれあります。それもホルモン製剤でコントロール可能です。

  • ①鎮痛剤
    プロスタグランジンを抑えるタイプが効果的です。
  • ②低用量ピル
    子宮内膜の成長を抑えます。それにより、プロスタグランジンの産生を抑えます。劇的によくなる方も多い方法です。

生理の周期がばらばらだけど、大丈夫かしら・・・

排卵が規則正しく起こらないことが原因です。つまり、排卵を起こさせるホルモンが規則正しく分泌されないことが原因です。妊娠を希望されるかどうかで方針が変わってきます。
妊娠を希望されるなら、排卵誘発剤による治療が必要になります。
今すぐの妊娠を希望されないならカウフマン療法や低用量ピルによる生理周期の調整が必要になるでしょう。また漢方薬でゆっくりと調整していくことも選択肢となります。

妊娠を希望されないなら、必ずしも排卵が必要なわけではありません。しかし、排卵している同年代の女性と同じホルモン環境を維持することは必要です。女性ホルモンは生理を起こすためだけにあるのではありません。あなたの体全体をコントロールする重要な要素なのです。女性ホルモンが十分でない状態が長く続くと、骨量が減少したり、さらに卵巣機能が低下したりと、将来のトラブルの原因となっていきます。
将来妊娠を希望されるときが来れば、その時に排卵を起こすような治療法に切り替えていくことになります。

生理前になると、なんか調子悪くなるな・・・

排卵後に卵巣から黄体ホルモンというホルモンが分泌されます。そのホルモンが直接的、間接的に身体やこころに影響をあたえ、さまざまな症状がでます。その症状は200種類以上といわれ、全女性の50-80%が経験すると考えられています。

黄体ホルモンは、妊娠にいたらなければ、排卵から2週間ほどでなくなっていきます。その結果、生理がきます。つまりその症状は生理がくるとともに軽減していくことが特徴です。これが月経前症候群(Premenstrual Syndrome PMS)です。
生理前に始まり、生理とともによくなり、毎周期あらわれる症状。その症状がなんであれ、PMSと考えることが可能です。

精神的に変化があったり、腹痛があったりさまざまです。黄体ホルモンの分泌を抑えることによって、症状を緩和することができます。それにも低用量ピルが有効です。排卵を抑えることによって、黄体ホルモン分泌を抑制し症状を緩和していきます。


 

【漢方による月経前症候群(PMS)の緩和】
またホルモン分泌はそのままに、症状を緩和する方法として漢方薬も有効です。加味逍遥散や温経湯などを用います。
生理周期の後半のみの使用でも効果があることもあります。その他抗うつ薬を周期の後半のみに使う方法もあります。 様々な症状と、一人一人の個性に応じて最適な治療法を提案してまいります。

避妊が心配だなぁ・・・

長い人生の中で、妊娠を希望されない時間が長くなってきているのが、現代を生きる女性の特徴です。確実で安全な避妊方法を選択してください。現時点では低用量ピルによる避妊がその条件に一番あてはまります。
「ホルモンって体に悪い?」「お母さんがホルモン剤は飲むなって」
ホルモン剤に対する誤解はとても広くあるようです。もちろん薬ですので副作用はあります。しかしメリットとデメリットを天秤にかけて考えたとき、圧倒的にメリットが大きいのが低用量ピルという薬なのです。
以前はホルモンの含有量が多かったために、副作用がでることもありました。年齢が上の世代ではそのイメージが強いのかもしれません。現在では、効果はそのままに、よりホルモン含有量を減らした製剤が中心です。

メリット

  • 自分主導で確実な避妊ができる
  • 飲み忘れがなければ、その効果はほぼ100%
  • 生理周期のコントロールも容易に可能
  • 多くの副効用・生理痛の軽減・過多月経の減少・周期が安定・ニキビが減る・PMSの改善
    卵巣がん、子宮体がん、大腸がんの発生が減少

デメリット

  • 性感染症は防げない
  • 子宮頸癌の発生がごくわずかに増加
  • 副作用・吐き気・頭痛・倦怠感・血栓症など

診療時間

 
午前 10:00~13:00 - -
午後 15:00~19:00 - -

休診日:土日祝

06-4708-8686

アクセス

住所:大阪市中央区本町2丁目3-9 JPS本町ビル8F

アクセス:堺筋本町駅 徒歩1分 / 御堂筋本町駅 徒歩5分

※車いす、ベビーカーでお越しの患者様はビル前に到着されましたら、お手数ですがお電話にてご連絡ください。