Pillピル外来

ピルとは”低用量経口避妊薬”のことを言います。

低用量ピルの種類

低用量ピルにはいくつかの種類があり、それぞれが同等の避妊効果を持っていますが、薬にもそれぞれ個性があり一種類のピルが合わないことがあっても、その他の種類のピルだと副作用が少なかったり、良い副効用があったりもします。
当院では、一人ひとりにとって一番ベストなピルを見つけるお手伝いをしています。

取り扱いピル

ピルの費用一覧はコチラ


ピルのメリット

避妊

正しく服用すれば(一日一錠時間を決めて服用する必要があります)、99.8%の高い避妊効果があります。望まない妊娠をさける最もすぐれた方法の一つです。ピルは自分の意志で確実な避妊ができます。そして、望むときに妊娠する方法でもあります。

生理日のコントロール

月経のサイクルが一定になり、しかも期間が短くなります。飲み方の工夫によって、仕事や旅行のスケジュールに合わせて生理日をコントロールすることができます。大切な出張や、楽しみな旅行中につらい思いをすることもなくなります。

ピルの副効用

ピルは避妊のほかにも多くの体に良い利点があります。

・生理痛がやわらぐ。
・月経量が少なくなる。
・ニキビが改善される。
・子宮内膜症が改善される。
・貧血が改善される。
・子宮外妊娠が減る
・機能性卵巣嚢胞、良性卵巣腫瘍が減る
・長期服用によって卵巣がん、子宮体がん、大腸がん、良性乳房疾患が減る
・骨粗鬆症が減る。


ピルを飲むうえで気を付けてほしいこと

ピルは副作用が強いというイメージがありませんか?以前はホルモン量が多く、しんどい思いをして服用されている方もおられました。現在のピルは低用量となり、昔ほど副作用があるわけではありません。ですが、デメリット、副作用が全くないわけではありません。それを知ったうえで服用することが、より確実な避妊と安全につながります。

性感染症

クラミジアや淋病などの性感染症はピルでは防げません。性感染症の予防にはコンドームが必要です。初期には症状がないことが多く定期的な検査が望まれます。

がんとの関係

乳がんに関しては、最近の報告ではピル服用によるリスクの上昇は否定的です。子宮頸がんに関してはごくわずかに増加する可能性があるといわれています。
当院ではピルを服用されている方には定期的な検査をお勧めしています。それにより、性感染症、子宮頸がん、異形成の早期発見、治療が可能です。

副作用

・吐き気
・胸がはる
・頭痛
・下腹部痛
・不正出血

このようなマイナートラブルといわれる副作用が起きることがあります。もし起きたとしても、大半の方は2~3か月でおさまっていきます。

血栓症

血管の中で血液が固まって流れなくなる病気です。いろいろな報告がありますが、1万人に1~2人発症すると考えられます。

まえぶれとなる症状は、ふくらはぎの痛みや腫れ、手足のしびれ、胸の痛み、突然の息切れ、激しい頭痛、失神、舌のもつれなどがあります。そのような症状がありましたらすみやかにご連絡ください。

緊急避妊、アフターピル処方

避妊なしの性行為や、コンドームが破れたり外れたりした時など、アフターピルを服用すれば望まない妊娠を避けることができます。当院では副作用が少なく妊娠阻止率も高いレボノルゲストレルを中心に処方しております。


よくある質問・お悩み相談

飲み忘れたときはどうすればいいの?

1日飲み忘れた場合 気付いた時点で飲み忘れた分を服用してください。そしてその日の分はいつもの時間に服用してください。その日の服用時間に気付いた場合は一度に2錠服用してください。
2日以上飲み忘れた場合はお電話で相談ください。

長期に飲み続けても大丈夫?

避妊が必要であれば服用期間に制限はありませんが、定期的な検診を受けるようにしてください。また、40代後半になってきますと、そのまま服用を続けるか、更年期としてホルモン補充療法に切り替えるか、中止するかなどを考えていく必要があります。

飲み忘れたときは?

1日飲み忘れた場合 気付いた時点で飲み忘れた分を服用してください。そしてその日の分はいつもの時間に服用してください。その日の服用時間に気付いた場合は一度に2錠服用してください。
2日以上飲み忘れた場合はお電話で相談ください。

毎日同じ時間に飲めるかな?

できるだけ毎日同じ時間帯に飲むことが理想です。多少のずれはかまいませんが、大幅にずれると出血の原因になることがあります。朝食や就寝など毎日行うことの前後の習慣としてしまえばうまくいきます。

太らない?

薬の副作用として太ることはありません。ただし、薬を服用しなくても体重の増減はあるものです。その範囲内の変動はあるかもしれません。

飲むのをやめたら生理はちゃんともどる?

服用を中止すると自然な月経周期がもどります。2か月前後で回復することが一般的です。もちろん、その後妊娠しても赤ちゃんには影響ありません。